物化部の今日この頃を徒然なるままに……って感じのブログ
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10
物化部とは
普段は研究班に分かれてそれぞれの研究をしています……たてまえ上は!!
のんびりまったりやってる部活です(^_^.)
現在の研究班は「青の洞窟」「ロボット」「プラズマ」「スプーン」「砂糖電池」「光速」「シャボン玉」「色素増感型太陽電池」です。
リンク集に交流校である麻布学園さん化学部ブログのリンクを貼りました。

一宮高校物化部を宜しくお願いします!!

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月17日に終業式があり、夏休みに入りました。
物化部は夏休みもほぼ毎日活動しています。

さて、そんな中、7月18日に名城大学で東海地区フェスタが開催されました。
物化部からは青の洞窟班光速班がポスター発表で参加しました。お疲れ様でした。

残念ながら、物化部の発表は受賞なりませんでしたが、生物部さんが受賞されていました。おめでとうございます。

発表した人にとっても、していない人にとっても、良い経験になったと思います。ここで学んだことを活かしてまた研究に打ち込んでいきたいです。

さて、ここでお知らせです。
8月16日に、物化部のOB・OG会を行います。
この記事をご覧のOB・OGの皆さん、よろしければ是非おこしください。
スポンサーサイト
Ladies and gentlemen ,

Boys and Girls!!

今日ご紹介する班は―――――――――――――




青の洞窟班!!!!!!ドンドンドンパフパフ

青の洞窟班、通称「みずはん」は、現在2年生2人と1年生1人の計3人で活動しています。みなさん、イタリアにある青の洞窟はご

存知ですか?光の作用によって海面が神秘的な青色をしているのですが、私達は「どうしてこのような美しい青色が見られるの

か」ということに疑問を持ち、研究しています。また、青の洞窟の神秘的な青色を、小さな装置で簡単に作れる再現装置の作成に

も取り組んでいます。


実は、先行研究から合わせると、実に5年以上続いている歴史ある班なのです。はいそこ、早く成果だせとか言わない。先生怒ら

ないから後で職員室へ(ry                          

すいません調子のりました(笑)


そんな感じで、青の洞窟班は今日も楽しく研究をしております。












 今日ご紹介する班は光速班スプーン班です。

光速班はドップラー効果を用いて、光の速度を測定しています。
スプーン班はスプーンに流れる水の不思議な性質について研究しています。両班とも物理学会で発表し、スプーンはそこで賞を受賞しています。
 さて、今日も班紹介を行います。
 
 今日ご紹介する班は色素増感型太陽電池班です。

 太陽電池といえば、家の屋根についているシリコン太陽電池が有名ですね。

 実はあれ、すごーく大がかりな設備が必要で、とてもお金がかかるんです(-_-)

 それでは環境に大きな負担がかかる!ということで近頃注目を集めているのが色素増感型太陽電池!!
 
 簡単な仕組みと安価な材料で作成ができること、植物に含まれている色素を使用することで環境への負担の軽減される

 こと…などたくさんのメリットがあります!

 しかしエネルギー変換効率がシリコン太陽電池よりも低いというデメリットもあります。

 私たちはその問題を改善できる太陽電池を製作するために日々実験に努めています(^^♪
 
 今年度から発足したこの班は班員は2年生1人 1年生2人で活動しています。

 これからの私たちの成長にご期待ください(*^^)v
 さて、今日も昨日に引き続き班紹介をしていきます。

 今日ご紹介する班はムペンバ効果班です。

早速ですが、同じ量のお湯と水を同時に冷やし始めたときに、どちらが先に凍ると思いますか?

常識的に考えると水のような気がしますが……実は、お湯の方が先に凍ることがあります!

この現象を「ムペンバ効果」といい、タンザニアのムペンバ氏が発見したのでこの名前がついています。

原因や、どのような条件下で起こるのかなどはいまだ解明されておらず、私達はその解明のために日々研究をしています。
今年度の4月に発足したばかりの新興班ですが、2年生2人、1年生2人で楽しく活動しています。

 すみません、色々とトラブルが有り更新が遅れました<(_ _)>

 さて、今回からしばらくは今物化部で活動している班の紹介をしていきたいと思います。

 まず、今活動している班は光速班、スプーン班、砂糖電池班、青の洞窟班、シャボン玉班、色素増感型太陽電池班、ロボット班、ムペンバ班の8班です。

 その中でも今回はシャボン玉班の紹介をします。

 シャボン玉班は、シャボン玉の膜での光の干渉について研究している班です。

 みなさん一度はシャボン玉をしたことがあると思いますが、その色の変化をじっくりと見てみたことはありますか?
 上手くいけば、シャボン玉が赤、橙、黄、緑、青、紫、と色を変えていくのが観察できます。可視光線の、波長の長い順ですね。

 さて、問題はここから。

 シャボン玉は、赤、橙、黄、緑、青、紫、と変化した後、黄金色になるのです。

 この黄金色がなぜできるのか、それを不思議に思い研究しているのが私達シャボン玉班です。
 

 
タイトルにありますが、14人の一年生が入部しました!

一年生とともにこれからも研究に励んでいきたいです。

P.S.明日からは班紹介をしていきますよー
更新が遅くなりましたが、2月28日に物化部と地学部の共同で三年生の送迎会を行いました。

物化部はビンゴ大会、地学部はビデオ発表をし、大いにもりあがりました♪

さて、ここでお知らせです。

3月28日にOB・OG会を行います。

これをご覧になっているOB・OGの皆さん、気軽にお越しください。
久々に記事を書きましたが、2014年もあと残り2日となりました。

さて、今回は今年の物化部を振り返りたいと思います。

4月。新入生が入ってきて、部員勧誘に追われ、今年もたくさんの新入生が入部してくれました。

6月。SSHサイエンスフェスタ2014があり、物化部では砂糖電池班優秀賞をいただくことができました。

10月。核融合研究所で発表会があり、青の洞窟班優秀賞を獲得しました。

11月。AITサイエンス大賞2014があり、マグネシウム燃料電池班砂糖電池班奨励賞優秀賞をいただきました。

12月。化学三昧in愛知2014が開催され、物化部は全ての班が発表を行いました。

改めて振り返ると、今年は新しい班が4つも増え、色々な発表会で高い評価を受けることができました。

来年も、さらに物化部を盛り立てていきたいと思います。
それでは皆さんよいお年を。
7月21日に 2014 東海SSHサイエンスフェスタ が名城大学で開催されました。
物化部からは研究が始まってから今年で2年目の砂糖電池班が口頭発表の部で出場しました。

結果は、優秀賞を獲得することができ、
ポスターの部で出場した地学部も生物部も優秀賞を獲得して、
見事三冠を達成することができました。

この砂糖電池班のように研究が始まって間もない班が着実に成果を上げています。
また秋になると日本学生科学賞やAITなどがあるので、他の班も頑張りましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。